« 抱きたいカンケイ | トップページ | ボックス! »

2011年6月13日 (月)

(500)日のサマー

 

 監督:マーク・ウェブ
 脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
 主演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

 何とも……まぁ(笑)

 見ている間、何度か胸を掻き毟りたくなった作品。勿論、いい意味でhappy01

 大概の恋愛映画が女性サイドから描かれているのに対して、こちらは男性サイドからの映画。その時点でかなり珍しい切り口なのだけれど、非常に共感できる描き方だったのが良かった。作中で一番笑えたのは、哀しいかな、冒頭の「ビッチ」のテロップだったというsweat01

 女性心理が理解できないというか、まぁ今作に限って言えばゾーイ・デシャネル演じるヒロインがちょっとアレだったのでアレな感じでアレな結末も仕方ない……のか? 納得はいかないのですが、どうにもならない感が実に現実にマッチしているように感じられました。

 とはいえエンディングもまた新たな羨ましい出会いがあったようなので、主人公はまた色々と頑張ってアレでアレな感じになるんでしょう。運命の人なんて……いると信じるのが正解なのかどうなのか。

 ジョゼフ・ゴードン=レヴィットは既に一流の役者として活躍しており、「メタルヘッド」など、今後が楽しみですね。

 男性でも気兼ねなく観賞できる、むしろ男性用のラブコメ。オススメです。

 満足度:4star_5

 人気ブログランキングへ←レビューが参考になったらクリックをお願いします

« 抱きたいカンケイ | トップページ | ボックス! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576576/51918418

この記事へのトラックバック一覧です: (500)日のサマー:

« 抱きたいカンケイ | トップページ | ボックス! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ