« トゥルー・グリット | トップページ | ヤギと男と男と壁と »

2011年6月14日 (火)

冷たい熱帯魚

 

 監督:園子温
 脚本:園子温、高橋ヨシキ 
 主演:吹越満

 またまた邦画のレビューですnote

 基本的に当ブログは洋画中心であることは変わりないんですが(私があまり邦画を見ないので)、それでも稀に評判の良い邦画に興味も持つことがあるので、今後も単発で邦画のレビューを掲載することが多々あると思います。また、アニメーション映画なども扱うことが予想されます。

 うん、要するに何でもアリなんですがcoldsweats01

 さて、今作「冷たい熱帯魚」は、映画好きの友人に半ば引き摺られるようにして劇場に観に行った作品です。あまり期待はしていなかったのですが、業界でも名高い異色の園子温
監督の作品というだけあって、期待がどうとかそういうレベルではない衝撃を受けた作品でした。

 ベースとなっているのは「埼玉愛犬家殺人事件」という実在の事件。ではあるのですがそんな前知識は全く必要なく、冒頭から異質そのものといった作品世界の雰囲気に呑み込まれます。カメラワーク? いやそれとも吹越満やでんでんの演技力? この空気を生み出しているのが何なのか全く理解できなかったけれど、とにかく呑み込まれてしまいましたよcoldsweats02

 人間の愛と狂気がテーマ……などと一言で語り尽くせることができるものではない。では単なる暴力、バイオレンスが売りなだけの映画なのかというと、それもまた違うワケで。あえて言えば、この作品は「猛毒」でしょう。監督本人も本作を指して「劇薬」と語っているそうですが、まさに観る人によって印象が全く変わると言っていい。

 脚本そのものに巧妙なギミックが仕組まれている、ということもありません。ストーリーは比較的分かりやすく、要するに主人公が殺人鬼の策略に嵌りズルズルと殺人の片棒を担がされていく、家庭が侵略されていく――というお話。物語は単純であるにも関わらず、映像そのものが放つ迫力と魔力は圧倒的で、見事に引き込まれてしまいました。

 人によってはこの映画は全く受け付けなくて、最低の評価を与えてしまうかもしれません。けれど、私はこの作品に最高の評価を与えたいと思いますshine

 満足度:5star

 人気ブログランキングへ←レビューが参考になったらクリックをお願いします

« トゥルー・グリット | トップページ | ヤギと男と男と壁と »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576576/51921795

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たい熱帯魚:

« トゥルー・グリット | トップページ | ヤギと男と男と壁と »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ