« スカイライン-征服- | トップページ | サバイバル・オブ・ザ・デッド »

2011年6月24日 (金)

スラムドッグ$ミリオネア

 にほんブログ村 映画ブログへ←いつも応援ありがとうございますsign01shine

 

 監督:ダニー・ボイル
 脚本:サイモン・ボーフォイ
 主演:デーブ・パテル

 アカデミー賞を含め、数々の賞を受賞した超話題作shine

 インドの現実を「貧困ビジネス」の観点から描き切ったヒューマンドラマ。期待を裏切らない、人間賛歌的作品でした。スラム出身の少年がミリオネアでクイズに正解し続け、大金を手にするという物語。もっとも、作品が描くのは正解した事実そのものではなく、どうしてスラム出身の少年に答えが分かるのか、という部分。

 経験に裏打ちされたものこそが真の知恵。上辺だけのものは知識に過ぎない。

 ハッピーなサクセスストーリーは期待して観る人は、その内容に衝撃を覚えるらしいですよ。主にインドの現状とか貧困ビジネスとかにね。幸い、私は開発経済の専攻で貧困国の現状は知識では知っているので全く驚きもせずに観ていたけど。うん、赤ん坊をツールとして使うとか、障害者を量産するところとかは全くその通りですね。実地研修がまだなので、知ったような口は聞けませんが。

 とはいえ陰鬱な展開なのは途中まで。

 最後はみんなが望んだ結末を用意する。そういう姿勢には好感が持てたし、EDのダンスシーンは観ていて爽快な気分にさせられました。インドの映画には必ずミュージカル要素が入るというのは本当だったか……sign01

 一方、自分の知識不足も痛感。ヒンドゥー教とイラスム教とか意識してなかったしできなかった。そうか、ジャマール(主人公)とラティカ(ヒロイン)は異教徒同士だったのか。そう思うとあの出逢いのシーンも非常に感慨深いものがありますね……。やはりもう少し宗教系の知識をつけた方がいいなと思いましたbearing


 必ず観ておきたい一本に数えられるかと。
 賛否両論がある映画ですが、それは名作の証明でもありますしconfident

 満足度:4_5star_3

 人気ブログランキングへ←レビューが参考になったらクリックをお願いします

« スカイライン-征服- | トップページ | サバイバル・オブ・ザ・デッド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576576/51922715

この記事へのトラックバック一覧です: スラムドッグ$ミリオネア:

« スカイライン-征服- | トップページ | サバイバル・オブ・ザ・デッド »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ