« ヤギと男と男と壁と | トップページ | GANTZ »

2011年6月15日 (水)

RED/レッド

 

 監督:ロベルト・シュヴェンケ
 脚本:ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー
 主演:ブルース・ウィリス

  ブルース・ウィリスとかジョン・マルコビッチとかモーガン・フリーマンとか大物俳優らが主演の本作。ブルース・ウィリスのことを「ウィルス」と発音してしまうのは自分だけではないと信じたい。

 スパイ・アクション・ムービーと銘打っているけれど、MIシリーズみたいなのを期待すると裏切られます。どっちか言えば特攻野郎みたいな荒唐無稽なアクションとコメディを詰め込んだエンターテイメント作品。硬派ではなく軟派。ちょっと辛辣なことを言えば、典型的なMindless-movieで、心に残らないbearing

 予告編で作中の見せ場は全部使い切っちゃってる印象を受けました。そのせいか、本編を見ていてもあまり感動がない。登場人物たちに年齢層がみんなご高齢なので、見ているこちらとしても近親感とか一切湧かない。うるさいジジイとババアどもが乱痴気騒ぎしてやがるとしか思えませんでしたね。や、そもそもそういうコンセプトの作品だから、そこを批判する気はないけど。

 ただ、周りの観賞されている方々の年齢層がかなり高めだったので、やはり狙った客層というのがそもそも高めなんですかね? 売りのアクションもそれほどではなかったし、エロもグロもないし感動もないし(私的に)でちょっとどうかなぁ、という感じでした。私が今の三倍の年齢だったら腹抱えて見れたかもしれませんが┐(´-`)┌


 そんな感じ。若い人にはあんまり受けないんじゃないかなと思いました。

 満足度:3star

 人気ブログランキングへ←レビューが参考になったらクリックをお願いします

« ヤギと男と男と壁と | トップページ | GANTZ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576576/51922211

この記事へのトラックバック一覧です: RED/レッド:

« ヤギと男と男と壁と | トップページ | GANTZ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ