« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 | トップページ

2011年7月12日 (火)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

 にほんブログ村 映画ブログへ←いつも応援ありがとうございますsign01shine

 

 監督:庵野秀明、摩砂雪、鶴巻和哉
 脚本:庵野秀明
 主演:緒方恵美

 前回に引き続きエヴァ劇場版:破のレビューを。今作も通算で5,6回は観ているんですが、まだまだいくらでも観ていられそうです。2009年の夏と言えばやはり今作とサマーウォーズのことばかりが記憶に残ってるなぁcatface

 TVシリーズの流れを踏襲していたが故にインパクトの薄かった前作「序」と違い、今作はまさしく「破」。序盤から新キャラクターのマリが登場し、使徒撃破と共に新たなる物語の幕が上がる。その様相はまさしく「破」の全編に亘って繰り広げられる未知のケイオスを象徴しているかのようで、初観賞時に劇場で手に汗握ったのを今でも思い出します。

 美麗なアニメーションと共に遂に登場するヒロイン・アスカ。苗字が変わってもアスカはアスカで、その言動に懐かしさを覚えます。日々の生活と戦いを通して、徐々に人間的に成長していくシンジとレイ、アスカの三人。TVシリーズの悲劇をその姿に重ね合わせてしまうと、嬉しい反面不安も感じてくるわけでbearing

 そしてまぁ、何事もなく終わるはずもなく。後半から一気に物語は急転換、トウジの代わりにエヴァ三号機のテストパイロットとなり、いつかのように浸食されてしまうアスカ。この段階でもうこの先、何が起こるか想像もつかなくなってしまう。「え、アスカをここで!?」と絶叫してしまいたくなりつつも、ただただ見入るしかない。かつてない程にシンジにシンパシーを感じました。

 そして彼の最強の使徒・ゼルエルが来襲。マリが真骨頂とばかりに果敢に突撃するも歯が立たず。レイの特攻も無為に終わり、絶望がネルフ本部を支配した刻。かつての過ちは繰り返さないとばかりにシンジが立ち向かい、そして覚醒。

 「絶望的な状況でも、覚醒すれば何とかなる」みたいな少年漫画のお約束は正直好きじゃないんですが、エヴァだけは例外。TVシリーズにおいていつまでも鬱屈として自らの殻を破れなかったあのシンジの口から「綾波を――返せ」という言葉が聞ける日が来るとはsign01

 これはいい覚醒。

 エンディング後、月面からやってきたカヲル君まで登場して、いよいよ役者の出揃った新生エヴァンゲリヲンはどこに向かうのか? 早く「Q」が観たいんですが、いつになったら続報が入るのでしょうかね……┐(´д`)┌ヤレヤレ

 衝撃に次ぐ衝撃で、初回観賞時の上映終了後の喉がカラカラに渇いたあの状態は今でも良く覚えています。「やっぱりエヴァはモノが違う」と確信した衝撃作、是非是非「序」と併せて観賞して頂きたいですshine

 満足度:4_5star

 人気ブログランキングへ←レビューが参考になったらクリックをお願いします

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576576/52087032

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 :

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ