« ロビン・フッド | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 »

2011年7月10日 (日)

トゥモロー・ワールド

 にほんブログ村 映画ブログへ←いつも応援ありがとうございますsign01shine

 

 監督:アルフォンソ・キュアロン
 脚本:アルフォンソ・キュアロン、ティモシー・J・セクストン
 主演:クライヴ・オーウェン

 知り合いのイギリス人に薦められて観た映画です。原題の「Children of Men」で教えてもらったので邦題の「トゥモロー・ワールド」なんていうお粗末な名前とは露も知らず、レンタルショップで探し出すのに苦労しましたcoldsweats01

 ですが、その苦労の甲斐がある素晴らしい作品でしたよsign01

 Yahooレビューだと3.2点の凡作ということで、如何に彼のサイトのレビューというものが役に立たないのかを改めて痛感させてくれた作品(批判してるわけではなくて)。フィルターをすり抜けていたという方は是非。

 子供が生まれなくなった近未来の世界を舞台とした作品で、多様な人間ドラマが展開されつつ"人類の希望"を巡って戦うというお話。シナリオの秀逸さは勿論ですが、この映画で最も特徴的だったのがカメラワークであることは疑いようもないかと。撮影が連続している、というのでしょうかね。コマ割りとか視点切り替えとかが多用されていなくて、一つのカメラで動きを追うんですね。

 見て貰った方が早いんですけど、物凄く拘っているというか、今までにない見せ方で感動しました。

 総製作費120億円という大作だけあって、映像美もお見事。それが巧みなカメラワークと組み合わさるのですから、もはや一種の芸術と言っても差し支えないほどのものに昇華しています。エンターテイメントと重厚なヒューマンドラマを軸に描きつつ、現代への"警鐘"がしみじみと感じ取れる魂の傑作。観て良かったと心から満足できる一本でしたhappy02

 満足度:5star_2

 人気ブログランキングへ←レビューが参考になったらクリックをお願いします

« ロビン・フッド | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576576/51922527

この記事へのトラックバック一覧です: トゥモロー・ワールド:

« ロビン・フッド | トップページ | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ