« シェルター | トップページ | グラディエーター »

2011年7月 6日 (水)

容疑者Xの献身

 にほんブログ村 映画ブログへ←いつも応援ありがとうございますsign01shine

 

 監督:西谷弘
 脚本:福田靖
 主演:福山雅治、柴咲コウ

 邦画ですが。

 劇場で観たかった作品なのですが、見逃していたのでレンタルで楽しませてもらいましたhappy01

 一応のオチというか本編中のカラクリはあらかじめ知っていたのですが、そんなことは何の問題にもならないほど、素晴らしい作品でしたsign01 

 福山雅治、柴咲コウ、堤真一、北村一輝、松雪泰子などの豪華な出演陣によって演じられた本作は、TVシリーズの面白さに輪をかけて面白く、尚且つ奥深いものになっていました。「愛」の形は世に数あれど、今作が描いた「愛の形」は間違いなく真に迫る一つの形でしょう。とりわけラストの取調室のシーンなんて、涙なしには語れないcrying

 絶賛しすぎるのも何なので、くだらない揚げ足取りでも一つ。

 良く言われることだけど、究極の完全犯罪ってのはそもそも「死体が出ないこと」。事件にすらならない、それこそが完全犯罪。日本の年間行方不明者がウン万人(こういう統計はアテにならない)、そのうち所在確認取れない人に絞ってせいぜい1万人程度として、更に犯罪に巻き込まれて死んだのが1割の1000人だとしても、年間1000件の完全犯罪が成立してる、と仮定しよう。数字はやや適当ですが。

 何が言いたいかっていうと、石神は二人目殺す必要なかったなーと。一人目の死体はあのまま放置してれば見つからなかったっぽいし、完全犯罪が成立すればアリバイも何も必要ないんだからね。いや、もちろんそうなったら物語にすらならないから、作品としてはダメなんですがsweat01

 ともかく、こういうバカな提案をしてしまうくらい、完成された作品でした。足りない部分、荒削りな部分はあったかもしれないけど、一つのテーマを描く映画として非の打ち所がないと強く思います。

 未見の方には是非オススメしたいですが、TVシリーズはあらかじめ観ておくべきですね。

 満足度:4_5star_5

 人気ブログランキングへ←レビューが参考になったらクリックをお願いします

« シェルター | トップページ | グラディエーター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576576/51924366

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身:

« シェルター | トップページ | グラディエーター »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ